• マスコミに刺さる!PR塾

    企業発信がマスコミを動かし、マスコミがマスコミを呼び込む、連鎖の法則を学ぶ。

    参加お申し込みはこちら

    TBS系列「モーニングEye」チーフディレクター 三村裕司 監修

本塾について

企業価値を高める、広報/PRを理解した
次世代幹部候補の育成を目指し、一流の講師陣を招聘!

広告やWebサイトが企業の顔であるなら、ニュースリリースをはじめとする広報/PR活動は、企業の声と言えるでしょう。その声を、より多くの一般消費者に「無料」で届けてくれるのが、テレビ、雑誌、新聞などのマスコミです。私は、テレビディレクターとして30年以上にわたり、ニュース・情報番組の制作現場に携わってきました。本塾はテレビ番組制作者の視点から、「取材につながる」ニュースリリース、マスコミが「伝えたくなる」PR、「被害を最小限に収める」の危機広報といった、企業の情報マネジメントのノウハウを、毎回、一流の講師陣をお迎えして学んでいきます。

  • 株式会社ワイラボ エグゼクティブ・プロデューサー 三村裕司 株式会社ワイラボ
    エグゼクティブ・プロデューサー
    三村裕司
  • 1959年 茨城県日立市生まれ。
    1980年 TBS系列制作会社 株式会社東京ビデオセンター入社、TBS社会情報局に配属。
    【主な担当番組】
    「モーニングジャンボ奥さま8時半です」「森本毅郎モーニングEye」「山本文郎モーニングEye」でチーフディレクターを務める。この間湾岸戦争時の難民取材、ソ連邦崩壊、ダイアナ妃結婚、美空ひばり死去など特番を多数担当。1996年退社。ネヴァーストップ(株)代表取締役プロデューサーを務め、その後民放各局の情報・ドキュメント制作多数。現在(株)ワイラボ エグゼクティブ・プロデューサー、文教大学メディア表現学科特別講師、日本映像事業協会正会員
  • 実施概要

    開塾
    2017年4月
    期間
    12か月・全12回
    時間
    19:00~21:00(毎月第1水曜日)
    受講料
    1社3名まで・年間120万円(税別)
    厚生労働省 キャリア形成促進助成金 対象セミナー最大150万円の助成金受給

講師紹介(予定)

  • 佐藤尊徳(さとう・たかのり) 佐藤尊徳
    (さとう・たかのり)
  • 1991年3月明治大学商学部卒業、同年4月に経済界入社と同時に、創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務める。雑誌『経済界』の編集長も務めたのち平成25年独立、8月に株式会社損得舎を設立。2013年11月11日、電子雑誌『政経電論』を創刊。
  • 矢口仁(やぐち・ひとし) 矢口仁
    (やぐち・ひとし)
  • 出版社幻冬舎グループの個人出版部門『幻冬舎ルネッサンス』の編集長 兼 『株式会社幻冬舎メディアコンサルティング』副社長。創業時より、文芸書・ビジネス書・実用書など幅広いジャンルの編集に従事。初めての個人出版から、株式会社リクルート、株式会社バンダイ、セコム株式会社といった大手企業の法人出版まで、豊富なプロデュース実績を持つ。
  • 森憲一(もり・けんいち) 森憲一
    (もり・けんいち)
  • 日大芸術学部映画学科卒業。映画、演劇の「演出」「キャスティング」「演技指導」を徹底的に学ぶ。「居酒屋甲子園(第1回〜4回)」「ぐるなびベストオブメニュー(06、07年)」などイベントの企画・演出の他、数々のドキュメンタリー番組の制作も行う。サードステージグループ代表。
  • 渡瀬ひろみ(わたせ・ひろみ) 渡瀬ひろみ
    (わたせ・ひろみ)
  • 京都大学卒業後、1988年株式会社リクルート入社。ブライダル情報誌「ゼクシィ」の生みの親。新規事業責任者を歴任後、2010年独立。新規事業コンサルティングの株式会社アーレア設立。ベンチャー投資家でもある。株式会社ぱど(ジャスダック上場)代表取締役社長を経て、上場企業取締役を歴任。2016年よりアーバンフューネスコーポレーション監査役(現任)。
  • 高田彰(たかた・あきら) 高田彰
    (たかた・あきら)
  • 1989年 株式会社CSK入社。故大川会長のもと、社長室、広報宣伝担当として従事。1993年 CSKの子会社である株式会社ベルシステム24社長室・広報・IR担当として着任後、 店頭公開、2部、1部、一連のステージで経営サポートを経験。2016年8月よりアーバンフューネスコーポレーションIT事業部に着任(現任)

マスコミに刺さる!PR塾 プログラム内容

企業にとって広報/PRといった「情報マネジメント」が重要であることは間違いない。その一番の担い手は、言うまでもなく経営トップであるが、経営層をサポートする立場の人材が、情報マネジメントの担い手になることも多い。

こうした担い手たちが、経営層の考えを踏襲した次代の経営人材へと育成されることは、あらゆる企業にとって重要課題であり、成長企業であるなら尚更に急務となる。

企業の情報マネジメントの要となる人材を必要としながら、その育成に苦慮しているなら広報/PR人材の育成を通じて「次代の経営層人材」を育成することを目的とした本塾の1年間に及ぶ育成プログラムをご活用いただきたい。

●概論(全3回)

「PR人材にとって必要なスキルと期待されるスキル」

  • PRとは(メディア多用化時代のPRとは)
  • PRとメディア(デジタルメディアの現状と活用)
  • PR人材とは(次代に求められるPR人材とは)

●攻めのPR(全6回 概論3回・実践3回)

「取り上げられるPR方法とは」

  • メディア側からみたニュースソースとタイミング
  • メディアに取り上げられるニュースリリースの書き方

(基礎編・実践編)

  • リッチコンテンツを活用した情報発信
  • 効果的な動画活用PRとは

●守りの広報(全3回)

「情報開示と非開示、またそのタイミングとは」

  • コンプライアンスと広報「危機管理とマスコミ対応」
  • 企業として出したくない情報とマスコミ対応
  • 不祥事と記者会見
  • 取材回避とその対応

※プログラム内容は変更になる場合がございます。

参加方法

参加の流れ

1

刺さる!マスコミ塾入塾規約に同意の上、ホームページのお申し込みフォームよりお申し込み下さい。

2

お申し込み後、期日までに指定口座に参加費をお振込み下さい。お振込み手数料は、御社ご負担となります。

3

参加費用は1社3名まで月額10万円(税別)/年間120万円(税別)。

4

ご入金確認後に事務局よりご連絡いたします。エントリーシート、年間スケジュール等をご担当者様へお送りいたします。

5

エントリーシート等のご質問は、いつでも事務局までお電話下さい。担当者が不在の場合は、必ず折り返し電話をさせていただきます。また、1月~2月に開催される体験会においてもご説明いたしますので、お気軽にお申し込み下さい。

6

塾は4月より開講されます。

助成金について

マスコミに刺さる!PR塾は助成金の対象となる場合があります。
助成金を活用できる事業主等や支給対象については、さまざまな要件があります。
助成金の詳細については事務局にお問い合わせください。

よくあるご質問と回答(FAQ)

Q

どれくらいの規模の会社が塾に参加できるのですか?

A

どの規模の企業様も参加可能です。広報/PRの専門部署をすでに設けられている企業様はもちろん、今後広報/PR人材の育成が成長のために重要課題と考える全ての企業様が対象です。

Q

参加業種に制限はありますか?

A

特にございません。 対一般消費者向け、対事業者向けに関わらず多様な業種の入塾をお待ちしております。

Q

塾はどのようなスタイルで進行するのですか?

A

通常の大人数・講義スタイルのセミナーとは異なり、少人数・意見交換を中心としたスタイルで進行します。
毎回、各メディアからの講師をお招きしファシリテーターとの対談形式で各メディアの特徴を理解。その後、受講者はご自身の所属する企業の抱える課題を相談しながら、解決策を全員で模索します。また選評会の実施により、インプットを実践で活かし受講者同士で高め合います。

Q

どんな方が対象ですか?

A

次代の広報を担う方はもちろん、幹部候補生など幅広い部署からのご参加が可能です。また、広報/PR活動は、出産や育児で休職後に復帰された女性にとっても活躍の場として期待されています。

Q

塾の遅刻・早退は可能でしょうか?

A

塾は少人数・意見交換を中心としたスタイルで進行しますので、原則として遅刻・早退は禁止です。
また、開講中の電話などによる離席も他の方の迷惑となるので禁止です。

Q

塾に参加できない月があるのですが大丈夫ですか?

A

毎月の異なるテーマを網羅することで最大限の成果を狙いますので、全12回に参加されることが望ましいです。

入塾のお申し込み